倫理霊学から


電気自動車(EV)は
ガソリン車以上にCO2を出している
という衝撃的な事実をご存知でしょうか?

EVはガソリン車よりも「エコ」で
「環境に優しい」という謳い文句で、
売り出されているにもかかわらず……です。

たしかに、EVは電気で走るので、
走行時にはほとんどCO2を出しません。

しかし、その電気は発電所で作られているわけで、
発電時に大量のCO2を排出しています。

また、EVには充電するための
バッテリーを搭載していますが、
このバッテリーを製造するのに、
莫大なCO2が排出されているのです。

米国のシンクタンク・マンハッタン研究所によれば、
製造〜廃車までに排出される合計のCO2を比べると、
ガソリン車よりもEVの方が圧倒的に多いとのことです。

青い線:EVのCO2排出量
赤い線:ガソリン車のCO2排出量

(出典:https://media4.manhattan-institute.org/wp-content/uploads/electric-vehicles-for-everyone-the-impossible-dream.pdf

こうしたデータが出ているにもかかわらず、
日本政府は「環境に優しいから」と謳って
ガソリン車からEVへのシフトを推進しようとしています。

把握できるかぎりでも、
1000億円以上もの税金をむやみに注ぎ込んで、
充電インフラを整備したり、
EV購入者に補助金を出したりしているのです。

つまり、このような的はずれな政策に、
私たちの税金がじゃぶじゃぶ使われてしまっている
というわけです。

日本政府は一体なぜ、
このようなデータと矛盾した政策を
取ってしまっているのでしょうか?

この理由は「誰のものにお金が流れているのか?」
ということを考えると、
非常にクリアに理解できるようになってきます。

実は、日本政府の政策の裏には、
ある巨大な利権が関係しており、
大儲けをしている人たちがいたのです……


上記の書き込みから・・・

呆れる。
しかし、今の日本では、それが、当たり前の様子。
何せ、政治家から、そのようにしている。

誰が、彼らを選んだ。
そう、選挙区から、選ばれた。
つまり、国民の不幸は、自業自得。

2024/05/19

倫理霊学から


軍事パレードと道路

皆さん、
世界各国・地域のあちこちで
軍事パレードが
行われておりますが、

その際、
軍事技術や装備品、
開発されたミサイル
などだけでなく、

それが行われている道路に
注目してみてください。

「軍事パレードが
できる道路がある」
ということは、

戦争を念頭にした
道路作りが行われている、
ということなのです。

すなわち防衛や交戦を
意識したインフラ作りです。

アジアでは
軍事パレードを
行なっているところが
いくつかありますが、

装甲車だけでなく、
戦車や大型のミサイルを
積んだ車両も通っております。

その道路ですが、
どれほど頑丈に
作られているか、
よくわかるでしょう。


日本の現状

その意識で
日本を眺めてみると、
国防意識のないインフラばかり
であることに気づきます。

日本の道路を
戦車や装甲車が走るものなら、

バリバリと割れて、
壊れてしまうのでは
ないでしょうか。

大型車両が通ることが
できるような道は、
おそらく
ほとんどないと思います。

なぜこんなことになったのか。

私たちは憲法9条があれば、
永久に平和だと
勘違いしているのだと思います。

軍事や国防のことなど
大真面目に
考えていないのです。

独立を果たした時から、
この国土では、

自衛隊がしっかりと
使うことのできる
道路がほとんどないのです。

もしどこかの国に
攻められたら
どうするのですか。

陸上自衛隊は
どうやって
現地に行くのですか。

車両が通れないでしょう。

ではタクシーですか、
乗用車ですか。

大型の軍用機で
1,000人ぐらいを
一瞬で運ばなければ
いけない時もあるでしょう。

しかし、
地方に着陸場所は
あるのでしょうか。

自衛隊の駐屯地は
可能性がありますが、
敵はそもそも基地の近くに
進軍するとは考えられません。


防災も同じ

国防に関わること
だけではありません。

防災も同じです。

大地震や大災害が起きた際、
私たちを守ってくれるのは
自衛隊です。

いち早く、
救援に向かってくれますし、
救援物資も届けてくれます。

しかし、
道路がすぐに壊れてしまっては
それさえも出来ないでしょう。

日本の道路を
作ってきたのは建設省であり、
今では国土交通省です。

新たな道路を作るのであれば、
防災や防衛という観点を
徹底的に入れ込んでほしい。

そうでないと、
まずいでしょう。

地方には
日本のエネルギー政策にとって
極めて重要な施設がありますが、

その施設の防災、
防衛設備にも注目してください。

それらの多くが
70年代、80年代、
遅くとも90年代までに
着工されたものですね。

換言すると、
今から30年から50年近く前の
技術で作られているのです。

これが本当に安心と言えるのか。

大いなる疑問を持っております。

上記の書き込みから・・・

危機意識皆無の、日本人。

憲法を守るという、偽の精神。

もう、平和ではない。
そのために、何か、努力をしているのか。
政治家も、危機意識皆無。

突然起きる、動乱。
そろそろ、準備した方がいい。
今年は、敗戦から、79年。

いつまでも、同じ状態は、続かない。

2024/05/17

倫理霊学から


 公立の小中高校などに在籍する
 外国籍の児童生徒のうち、

 日常生活や授業に支障があり
 日本語指導が必要な子供の数が埼玉県で急増している
 (文部科学省の調査より)

 実は、全国的にも令和3年度までの約10年間で
 日本語の指導1・8倍に増えているが、
 埼玉県は2・6倍。

 中でも川口市は外国籍の児童生徒数そのものが
 4・5倍に増えていた。

 これは市内の全児童生徒数の約6%にあたり、
 最も多い小学校では全児童のうち
 約43%を外国籍が占める。
 (産経新聞 2023年10月14日より)


このニュースを聞いて、
あなたはどう思いましたか?


「移民受け入れはしていません!!」


そう高らかに宣言してきた日本政府の言葉とは裏腹に、


「技能実習生」や「外国人労働者」という肩書きによって
目隠しをされて増え続ける「移民」が、


日本で子供を産み、家族を養い、、、
とするうちに、もう今の段階でクラスの約半分が
外国籍の児童という公立の学校が存在しているのです。


このままのペースで移民が増え続けると
どうなるのでしょうか?


ただでさえ、クルド人難民や中国系の
「移民」による強姦や性的暴行、暴力事件や、殺人が
頻発し始めているこの国は、この先どうなっていくのでしょうか?

上記の書き込みから・・・

移民を受け入れるのは、国を亡ぼす。
だが、意識的に、政府、自民党は、している。

つまり、自民党を潰さなければ、日本が、危ういということ。
兎に角、自民党を潰すこと。

2024/05/16

倫理霊学から

自民党の長谷川岳参院議員(北海道選挙区)が、札幌市職員らの参加する会議で、「狂っとるよ」「僕はぶち切れるよ」などと発言していた問題で、長谷川氏は15日、国会内で記者団の取材に応じ「これ以降こういう表現がないよう努力すると誓う」と釈明した。

【動画】長谷川岳議員が「ぶち切れるよ」発言、札幌市職員ら会議で 音声入手

 問題の発言は、3月9日に札幌市内のホテルで行われた脱炭素化に関する打ち合わせであった。朝日新聞が同市への情報公開請求で入手した音声記録や議事録で確認した。

 長谷川氏は音声を自分でも確認したといい、「指摘の内容は別にしても、(市職員らが)萎縮をするようなきっかけになったことは誠に反省することだと思う」と話した。

 議員辞職の考えを問われると、「もう一回ゼロからやり直させていただきたいということで、(地元から)賛同を得たので引き続き頑張りたい」と否定した。

 長谷川氏をめぐっては、歌手の吉幾三氏が「飛行機で態度が横柄な国会議員がいる」とSNSで投稿するなど、これまでの不適切な言動が指摘されていた。


上記の書き込みから・・・

別に辞職しなくても、次の選挙では、落選して、ただの人以下になるだけ。

議員になった途端、手のひらを反す、最低の人間。

2024/05/15

倫理霊学から

それは、
大阪府のとある市議会議員が、

マイナンバーを偽造されたことで、
携帯を乗っ取られ......
挙げ句の果てには
250万円分もの買い物を勝手にされていたというのです。



また、マイナンバーカードをめぐっては、
かつて500万人分もの個人情報が
中国に流出したなんてニュースもありました、、、

こんなにもトラブル続きのマイナンバーに対して、
今まさにマイナンバーを押し進めている
河野太郎デジタル大臣は、

「反対される人はいつまでたっても
 『不安だ、不安だ』とおっしゃる」
などと言ってあしらってばかりいます、、、

しかしこのままでは、
日本に危機が訪れてしまうと言っても
過言ではありません。

なぜなら、かつて日本で
”マイナンバーカード”なんてなかった時代にも、
他国に情報を大量に盗まれるという
大事件が起こっているからです。

それは、アメリカの諜報機関CIAが起こした大事件。。。

なんとアメリカのCIAは、
私たちが送ったメールや電話で話した会話を
盗み見たり、、、

それだけでなく、
私たちが「家」の中で過ごしていたとしても、
生活を覗き見ることができたというのです、、、

一体、なぜそんなことができたのか?
その手口とは?


上記の書き込みから・・・

世界は、悪意に満ちている。
そろそろ、気づくべき。

そして、世界は、腹黒い。
そろそろ、気づくべき。

2024/05/15

倫理霊学から

WHOに従うことは、憲法違反である。

更に、ワクチンは、打つな。
あれは、人殺しのためのものとなる。

悪魔の最終の目的である。
さて、日本人は、それを受け入れるのか。

岸田は、洗脳されて、もはや、打つ手なし。
また、政治家の、いや、自民党の面々も、洗脳されている。

今、信じられるのは、我が身のみ。

絶対に、反対する。
国民、一人ひとりが、反対しなければ、皆殺しにされる。

2024/05/14

倫理霊学から

[悲報]
今、日本人が
どんどん貧困化しています…


突然ですが、
あなたはご存知でしたか?

日本では、
1996年をピークに国民が貧しくなり続け、

まさに今、
リーマン・ショック以来の長期間、

日本国民が
貧乏になり続けていることを...


しかも、それが
日本政府によって引き起こされた
人災であるということも…



世界の主要国家は
年々給料が上がっているにもかかわらず、

その中で日本だけが、
伸びるどころか低下の一途を
辿ってしまっています。


さらに酷いのは、
今日本は

過去最長の23ヶ月連続で
実質賃金が低下し続けており、

日本国民の貧困化が
止まらない状況なのです。

これは、
リーマンショック以来の酷い数字
ということです。

その影響は
顕著に出始めており、

実際に、
日本人の若者たちは

日本での生活が苦しいことが理由で、
出稼ぎで海外へと出ていき、

「日本には一年で一回帰るくらいでいいかな」と
言っている人もいるようですし、


先日、ニュースで
報じられていましたが、

東京都の豊洲で、
日本人はおにぎりを食べる一方、

外国人は豪華海鮮を堪能するという
一幕もありました。

まさに、日本人の貧困化を
象徴するような出来事です。


実は、海外では、
こうした国民全体の貧困化は

政府の無策が原因
という認識は当たり前のことで、

イギリスやベルギーでも
政府に対するデモが

頻繁に起こるようになっています。

ではなぜ、日本のマスコミは
私たちの生活に直接関係するような

重要なニュースを
報じないのでしょうか?

実は、そこには
日本政府とマスコミの知られざる
癒着が見え隠れしていたのです…


上記の書き込みから・・・

政府の無策です。

全く、国民のことなど、考えていない証拠。
さて、それでは、国民は、どうする。

何度も言う。
自民党を潰せ。
方法は、それしかない。
地方議員から、国会議員に至るまで、落選させること。

2024/05/12

倫理霊学から


世界の主要国家は
年々給料が上がっているにもかかわらず、

その中で日本だけが、
伸びるどころか低下の一途を
辿ってしまっています。


さらに酷いのは、
今日本は

過去最長の23ヶ月連続で
実質賃金が低下し続けており、

日本国民の貧困化が
止まらない状況なのです。

これは、
リーマンショック以来の酷い数字
ということです。

その影響は
顕著に出始めており、

実際に、
日本人の若者たちは

日本での生活が苦しいことが理由で、
出稼ぎで海外へと出ていき、

「日本には一年で一回帰るくらいでいいかな」と
言っている人もいるようですし、


先日、ニュースで
報じられていましたが、

東京都の豊洲で、
日本人はおにぎりを食べる一方、

外国人は豪華海鮮を堪能するという
一幕もありました。

まさに、日本人の貧困化を
象徴するような出来事です。


実は、海外では、
こうした国民全体の貧困化は

政府の無策が原因
という認識は当たり前のことで、

イギリスやベルギーでも
政府に対するデモが

頻繁に起こるようになっています。

ではなぜ、日本のマスコミは
私たちの生活に直接関係するような

重要なニュースを
報じないのでしょうか?

実は、そこには
日本政府とマスコミの知られざる
癒着が見え隠れしていたのです…


上記の書き込みから・・・

日本も、独裁国家だった。
という、冗談ともいえない、状況。

政府に都合が悪いことは、報道しないという。
更に、政治家が、買われている。

呆れる、実体。
いずれ、日本は、大きく変わる。
巨大災害が、日本を変える。

2024/05/11

倫理霊学から

小池知事には学歴詐称疑惑だけでなく、関東大震災で虐殺された朝鮮人らを弔う式典への追悼文を中止した問題、森喜朗元首相の言いなりで強行している神宮外苑の再開発を巡る問題、葛西臨海公園の大量の樹木伐採と太陽光利権の問題、築地市場跡地の再開発を巡る問題など、ゼネコンとの癒着が噂される数多くの疑惑があります。

また、都知事選に初出馬した時に掲げた「12のゼロ」という公約は、2期8年経った現在、1つも達成していません。その上、記者クラブを牛耳り、自分の定例会見ではやりたい放題。政治に興味のない約半数の東京都民も、そろそろ小池知事の独裁ぶりに気づき始めており、それが今回の乙武氏の大惨敗につながったのです。

すでに国政への復帰の道は断たれ、もはや7月の都知事選で3選を狙う道しか残されていない小池知事ですが、学歴詐称問題を告発した元側近の小島敏郎氏は、小池知事が「カイロ大学卒」という学歴を公式プロフィールに明記したまま出馬した場合には「公選法違反で刑事告発する」と明言しました。

都知事選の投開票日は7月7日ですが、告示日は6月20日なので、あと40日ほどしかありません。今回の補選で完全に「賞味期限切れ」を露呈してしまった小池百合子知事が、自民党の裏金議員のツートップである二階俊博氏や萩生田光一氏とベッタリ癒着している小池百合子知事が、一体どんな手に打って出て来るのか?8年間もの小池都政に苦しんで来た東京都民だけでなく、全国の皆さんも一緒に「小池劇場」のエンディングを見守りましょう。


上記の書き込みから・・・

悪いことは、続かない。
世界的に悪い事は、続く。

悪事をする人たちは、悪魔であるが・・・
悪魔も、この世の、習い。

2024/05/10

倫理霊学から

チャイナ指導部の
大混乱が続いています。

チャイナ経済が
ひどい状況だというのは、
皆さんもよくご存知だと思います。

それに対して、
軍の戦略支援部隊の
解散が決まりました。

2015年に習近平が
リーダーシップを取り、
作った新部門だったのですが、

全く機能しなかったので
解散になったのです。

現代の戦争を勝ち抜く
ための中心の部隊となるはず
だったのですが機能しませんでした。

また、チャイナの
軍事産業トップが、
次々に交代しています。

これも軍が機能して
いないということですが、

当面の間、
軍が機能していないのは
私たちにとっては良いことです。

チャイナ軍の
中枢部が麻痺し、

金融界の第2次
大粛清が行なわれたので、

汚職をしたトップが、
次々に飛ばされています。

そもそも汚職をやっていない人は
チャイナにはいませんので、
それでどんどん飛ばされています。

今チャイナ全体が麻痺状態ということは
日本にとってありがたいことでしょう。


上記の書き込みから・・・

それでも、中国の侵略は続く。
意味として、日本に入った中国人たちを、見よ。
まさに、ゴキブリのように、である。

2024/05/09

管理用
ifノート 1.02