倫理霊学から


先日、クルド人が
「日本人シネ!」
と暴動を起こし、、、


自民党の若林氏が、
X(旧Twitter)にこんな意見を投稿しました。


「わが物顔で日本人に迷惑をかけ、
 あげく日本人死ねというなら、
 どうぞお帰りください」

「日本にいたいなら
 日本のルールくらい守れ!」


これに、多くの批判が集まっています。


例えば、、、

「自民若林氏、クルド人憎悪あおる」
(東京新聞2月22日)

「自民若林氏
『母国にお帰りください』とヘイトデモ」
(Yahoo!ニュース2月22日)

などと、

迷惑行為を行ったクルド人に対する抗議が、
ヘイトデモだと言われているのです、、、


あなたはおかしいと思いませんか?


なぜ、若林氏のように、
日本人に迷惑をかける外国人に
立ち向かっただけで、
悪者扱いされるのでしょうか?


若林氏のように
日本人のために声を上げる人が
日本人に批判されるなんて、
おかしいと思ってしまいます、、、


しかも、残念なことに、、、

日本人が外国人に立ち向かうと
攻撃される風潮は、
今後高まっていくでしょう、、、


なぜなら、
岸田総理がこっそりと、
ある法律改正を発表したことで、


今後さらに
日本は外国人で溢れ、
文化や価値観が崩壊し、、、


日本人として外国人に意見することが
難しくなるかもしれないのですから、、、


では、岸田首相が発表した、
日本を崩壊させる法律改正とは?


上記の書き込みから・・・

岸田はも日本人ではないのだろう。
国のことなど、考えていない。
まだ、支持率があるのが、不思議。

地方から、自民公明党の議員を落選させるべし。
いよいよ、国民の見せ所だ。
選挙である。

2024/02/29

倫理霊学から


あなたは「日本イチ外国人が多い街」が
どこにあるかご存知ですか?



正解は、、
池袋から電車でおよそ20分の
埼玉県・川口市です。

川口市に住む外国人は約4万人で、
人口のなんと1割弱を占めています。


今回、私たちは
川口で何が起こっているのかを
お伝えするべく、
実際に現地に向かいました・・・


JR京浜東北線・西川口駅ホームに
降り立つとすぐ、
明らかに日本人ではない顔が
多く目につきます。


駅前に出ると、
所狭しと中華料理店が
軒を連ねていました。


↓このような、中国語のポスターも
目に飛び込んできます。



日本人や観光客相手ではなく
アジア系住民向けの
本物の中華店だということが
ひしひしと伝わってきました・・


さらに、、
西川口から一駅先の蕨(わらび)には
ある有名な団地が存在しています。


その名も・・「芝園団地」


実は、この団地の住民約4500人のうち
半数以上は外国人で、
その大半は中国人なのです・・・


実際に敷地内を通ってみましたが、
公園で遊んでいるのは中国人の
子連ればかり・・
日本人はほぼ全く見かけませんでした。


マンションの1階部分には、
幼稚園や薬局、アジア物産店が立ち並び、
まるで団地が1つの中国人街を形成している
ようでした。



正直、目を疑いました。
ここは日本なのか?と。



岸田政権の松野官房長官は
「いわゆる移民政策をとる考えはない」
と強弁していましたが、


実際には、すでに
都心からわずか30分ほどの場所が
外国人で埋め尽くされているのです・・


「移民政策をとる考えはない」
と言うのは建前にすぎません。


岸田政権が進める移民政策の本当の正体とは?

日本全国で移民を大量に受け入れた先には、
どのような未来が待ち受けているのか?

上記の書き込みから・・・

これは、国民の問題たである。
どうする・・・

2024/02/28

倫理霊学から


あなたは知っているでしょうか……?
能登半島地震がいかに巨大な地震であったかを…


地震のエネルギーを表す
マグニチュードで7.6…


つまり今も甚大な被害が語り継がれる
阪神淡路大震災の2倍もの
巨大な地震だったのです……


しかし、これは始まりに過ぎません……


京大名誉教授の
鎌田浩毅によると……


「これから能登半島で起きたような地震が
 西日本で起きる……」と言うのです


なぜなら、能登半島沖地震と
過去に起きた巨大地震について
鎌田教授が研究した結果……


日本列島は能登半島で起きたような事件が
たびたび起き……


さらには南海トラフ巨大地震が起きるような
”異常な状態”へと変貌してしまったと
明らかになったからです


そして、それは13年前に
日本列島を物理的に歪めるような
ある大事件が起きたからでした‥‥


それでは今の日本列島で起きている
”異常事態”とは何なのか……?


日本列島を大きく歪めた
”大事件”とは何なのか……?

上記の書き込みから・・・

そんなことは、解っている。
だから、どうした・・・

死ぬだけのこと。
私は、恐れない。
それでも、生き残る人がいる。

それで、十分だ。
死ぬことを恐れては、生きてゆけない。

2024/02/27

倫理霊学から

 エスカレーターで立ち止まることを義務付ける条例を施行した名古屋市で、AI(人工知能)を使って安全な利用を促す実証実験が、中区の市営地下鉄伏見駅で行われている。先進技術を生かした啓発の効果を確かめる狙い。今月末までの効果を検証し、主要駅での本格導入を検討する。(桑田睦子)

 昨年10月に施行された市条例では、市内の駅や商業施設などにある全てのエスカレーターを対象に、左右問わずに立ち止まることを義務付けている。名古屋では右側を空けて乗る習慣があるが、接触による転倒事故などを防ぐため、両側に立つ「2列乗り」を定着させることを目指している。

 実験は、鶴舞線上りホームのエスカレーター1基にセンサーなどを設置し、1月末に本格的に始まった。市が事業者を募り、AIベンチャー「来栖川電算」(名古屋市中区)が、車の自動運転や医療現場で使われる技術を応用した装置を開発した。

 装置はAIと高精度センサーで利用者の動きを検知し、歩く人がいると、警告音を発して「条例違反です。立ち止まってご利用ください」などと音声で呼びかけ、立ち止まると「ご協力ありがとうございます」と伝える。左側に立つ人が連なって乗り口が混雑すると、「片側が空いています。2列で立ち止まってご利用ください」と、右側も利用するように促す。

 市が鉄道駅や商業施設で実施した実態調査によると、エスカレーターを歩いたり、走ったりした人の割合は、条例制定前(2022年4〜5月)の21%から施行後(23年11〜12月)は7%に減少。93%の人が立ち止まっていた一方で、左側に立つ人は7割を占めている。

 実験について、市消費生活課の担当者は「音声を聞いて立ち止まる人もいて、一定の効果はある。左右両側に立ち止まって乗るよう、協力してもらいたい」としている。

 本格導入は未定だが、市は今回の実証実験の期間で、より効果的な警告音や音声の内容などを探ってきた。同社の山口陽平取締役(45)は「歩く人を減らす効果があるとわかった。より効果的で導入しやすいよう改良したい」と話す。


上記の書き込みから・・・

いつも、危ないと思い見ている。
走る人までいる。
更に、スマホを見ている。

実に、危険な行為だ。
大事故が起きた時、後悔する。

大変な損害賠償請求をされる。
解っているのか・・・

2024/02/27

倫理霊学から

日本があえて
核兵器を作らなかったのは、

1,米国が日本が核を持つのを恐れたこと
2,米国と日本の間で「核の傘」で守ることの合意がとれたこと
3,日本も米国との対立を恐れたこと

ということなのですが、

私が、もう一つ言いたいのは、

日本が核保有するという選択肢を
自分自身で放棄していないということです。

日本ではエネルギー問題の関係で
原子力発電のことを
議論することがあります。

しかし、実際には
原子力発電というのは
核保有の潜在的な力です。

核兵器を開発するのに
最も重要なものは、
“開発できる人”であると言えます。

開発人材の育成=原子力産業を
維持することになるのです。

それは東アジアの安全保障で
重要なことになります。

例えば、中国が北朝鮮に対して
「核保有に関してあまりやらないでほしい」と
言っているのは、

日本が核保有するかも
しれないからです。

北朝鮮が保有すれば、
韓国も台湾も日本も
保有するかもしれないでしょう。

それらの核兵器が
北京を狙うかもしれないのです。

北朝鮮が核兵器を保有しても、
同盟国の北朝鮮は北京を狙いません。

日本もアメリカの核兵器が
東京を狙っているとは思わないでしょう。

しかし、他の国が核兵器を
保有することに繋がれば、
中国を狙うかもしれないのです。

だから、北朝鮮は
核兵器を持ってもいいけど、

それは他の国が持つような
刺激的なものにしないでほしい
という動機があります。

日本が持つと言い始めるのは
困るという話になるでしょう。

そうすると日本が
原子力産業を持っていて

数ヶ月で核兵器を
作ることができることは、
中国にとっての
プレッシャーになるわけです。

日本が原子力産業を
維持しているというのは、
東アジアの安全保障の
重要なパートになっています。

だから、オバマ大統領が
日本の原子力産業を閉じると
困ると言っていたのです。

今のバランスを維持したかったら
原子力を維持していてほしくて、

全ての原子力を閉じられたら
中国が北朝鮮に「もっとやっていいよ」と
言うかもしれないという話になります。

逆にトランプ大統領が
「日本も持てばいいだろう」と
言ったときに、

就任すると即座に
「そのような発言はしてない」と
言っていました。

それは日本に持たせるのは
アメリカにとっても良くないけど、

今のバランスを維持したい
というアメリカ側の意向です。

どのような大統領がなっても
今のバランスを維持することが
国益だと見ています。

要するに
日本はアメリカの核の傘が
信用できなくなったら、

日本も核抑止を持たないと
いけないと判断するでしょう。

それを数ヶ月で実現できる能力、
つまり人を育てるということを
日本は密かに行なっているのです。

日本は核兵器を保有してないけど、
オプションをオープンにしています。

つまり、いつでも持てる体制に
あるという核政策を公言してないけど、
事実上やっているのです。

そして、他の国から見ると
そのように見える行動をとっています。

だから、日本は核保有してないわけでも
核抑止を放棄しているわけでもなく、

核アレルギーだから
何もやってないわけではないです。

そこまで日本も甘くないと言えます。

日本政府内の議論の底流にあるのは、
保有できることは大事だけど、
保有はしないものだと思うのです。

核を保有すれば
アメリカとの関係に影響を与えるし、

保有できないのも
アジア地域のバランスが崩れます。

だから、保有できる能力を持って
保有しないというのが日本の政策で、

なおかつ数ヶ月あれば
いつでも持てるという能力を
持っているという政策をとっているのです。

そういう意味では危惧すべきものではなく、
そのことを日本はちゃんと考えていると思います。

上記の書き込みから・・・

そのようである。
何も、心配はいらない。
核兵器保有を憂うる人たちがいるが・・・

単なる、杞憂である。
核兵器、核戦争を止めるということだ。

核兵器、反対などと、言うものではない。
何せ、核保有国は、核兵器を捨てない。

2024/02/26

倫理霊学から

「日本の空軍が、こんなに頑強だとは思わなかった」

 沖縄戦では陸上戦とともに、戦闘機による特攻が猛威を振るいました。特攻は昭和19(1944)年10月25日、フィリピンのマバラカット飛行場から飛び立った関行男大尉率いる敷島隊から始まって、終戦までの約10ヶ月間に、海軍は2367機、陸軍は1129機が出撃して、合計3910柱が散華されました。

 それによる米海軍の被害は、艦艇数278隻以上、戦死者約1万2300人、重傷者約3万6000人、さらに恐怖による戦闘神経症の患者2万6千人が出ました。日米両軍の戦死傷者数だけ比較しても、日本側3910柱に対して米軍は4万8300人。10倍以上の犠牲を与えています。

 上述の敷島隊5機のうち、零戦1機は護衛空母「セント・ロー」に突入し、同艦は大爆発を起こして沈没。乗員889人のうち143人が艦と運命を共にしました。残りの4機は護衛空母「カリニン・ベイ」「キトカン・ベイ」「ホワイト・プレインズ」に突入して損害を与え、これらの空母は修理のために戦線離脱を余儀なくされました。

 敷島隊と合わせて、同日、合計18機が出撃し、合計では「セント・ロー」撃沈、3空母大破、4空母損傷という戦果を上げました。同時に空母艦載機128機が失われ、兵員も戦死・行方不明1500人、戦傷者1200人以上の損害が出ました。わずか18機、1日の攻撃による大戦果です。これだけの戦果を上げた特攻に関して、米海軍のベイツ中佐は、こう語っています。
__________
 日本の空軍が頑強であることは予め知っていたけれども、こんなに頑強だとは思わなかった。日本の奴らに、神風特攻隊がこのように多くの人々を殺し、多くの艦艇を撃破していることを寸時も考えさせてはならない。だから、われわれは艦が神風機の攻撃を受けても、航行できるかぎり現場に留まって、日本人にその効果を知らせてはならない。[井上、p130]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「特攻隊は効果がなかった」というプロパガンダは、この頃から始まっていたのです。


■5.「明朗ニ潔ヨク還ツテ来イ」

 特攻は必死の戦術ですが、死ぬことが目的だったわけではありません。敵艦を攻撃して損害を与えることが目的であって、それが達成できない状況では、還ってくることが指示されていました。

 昭和20(1945)年5月に作成された特攻隊員用の教本「と號空中勤務必携」には、敵艦への突入方法の他に、「天候ガ悪ルクテ自信ガナイカ目標ガ発見出来ナイ時等」の指示が出されていました。
__________
 落胆スルナ 犬死シテハナラヌ 小サナ感情ハ捨テロ 国体ノ護持ヲドウスル 部隊長ノ訓示ヲ思ヒ出セ ソシテ 明朗ニ潔ヨク還ツテ来イ[井上、p136]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 さらに、「途中カラ還ツテ着陸スル時ハ・・・ 爆弾ヲ捨テロ 予(あらかじ)メ指揮官カラ示サレタ場所ト方法デ」とも記載されていました。特攻が不可能な場合は、部隊長から「犬死にしてはならぬ」と訓示され、また指揮官から、その場合は爆弾を捨てて着陸する方法まであらかじめ指示されていたようです。

 また、特攻に出撃する隊員たちについて、陸軍特攻隊の教官であり、自らも終戦前日に特攻命令を受けた陸軍きっての名パイロット田形竹尾准尉は、こんな話を井上氏にしたとの事です。
__________
 出撃前、特攻隊員は仏様のような綺麗な顔でした。目が澄みきって頬が輝いておりました。彼等は皆、愛する祖国と愛する人々を守るために自ら進んで志願していったのです。戦後いわれるような、自分が犠牲者だと思って出撃していった者など一人としておりません。皆、『後を頼む』とだけ言い遺して堂々と飛び立っていったのです。[井上、p141]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 こうした隊員たちの真の姿も覆い隠されてしまっています。


■6.B29は485機撃墜、2707機撃破されていた

 昭和19(1944)年6月以降、米軍の超大型爆撃機B29が全国の主要都市を空襲し、焼け野原としました。B29は超高空を飛ぶので、日本の高射砲も戦闘機も届かず、我が国はなすがままに爆撃されていた、と信じられています。

 しかし、米国戦略爆撃調査団の統計によれば、B29は日本軍戦闘機と高射砲などによって485機が撃墜され、作戦中に撃破された(相当の損害を受けた)機体は2707機を数えたのでした。戦死者は3044人にも上っています。

 防空で特に活躍したのは陸軍飛行第244戦隊で、終戦までに約100機のB29を撃墜しました。浜松基地をベースに関東地区や中京地区を爆撃しようとするB29の大編隊を40機の戦闘機「飛燕」で迎え撃っていました。この戦隊の第一飛行隊長・生野(しょうの)文介大尉はB29を5機撃墜、7機撃破しています。同様の「B29キラー」が何人も揃っていて、合計約100機も撃墜したのです。

 生野大尉の戦い方は、破壊力の大きい20ミリ機銃のみを積んで、相手機の正面上方から攻撃を仕掛ける。そこはB29の機関銃の死角があり、かつ相互に急速に近づくので、敵の防御射撃にさらされる時間も短い。その一瞬に急降下しながら、20ミリ機銃を浴びせかける。まさに剣豪の居合い術です。


■7.我々は反省の仕方を間違えている

 こうして見ると、兵員の技量、兵器の性能、作戦能力においては、日本軍は米軍に決して負けてはいませんでした。特に志気においては、自分の命を掛けて国と国民を守ろうとする覚悟は完全に米軍を圧倒していました。負けていたのは物量だけです。

 それを「沖縄は捨て石」「特攻は犬死」「B29にはやられっぱなし」など、真実を覆い隠されて、我々は知らないうちに英霊の真心を踏みにじっているのです。そのような「洗脳」から、「国のために戦う」という比率が世界最低という惨状がもたらされているのでしょう。

 大東亜戦争で真に反省すべきは、ルーズベルト大統領の日本を追い詰めて最初の一発を撃たそうとする計略から逃れられなかったこと[JOG(951)]、スターリンの計略にのって蒋介石軍との戦いに引きずり込まれたこと[JOG(1031)]などの諜報・外交面です。この面の失敗は伏せられ、反省もされていません。

 こうして我々の真に反省すべき点は覆い隠され、反省しなくとも良い点を「沖縄は捨て石」「特攻は犬死」「B29にはやられっぱなし」などのプロパガンダで反省させられているのです。相手国の国民の頭脳を支配することを中国語で「制脳権」というそうですが、まずは他者に我々の脳を操られているという現状から脱却しなければなりません。
(文責 伊勢雅臣)


上記の書き込みから・・・

日本と日本人を貶めるのは、アメリカ、中国、朝鮮・・・
東南アジア、特に、インドなどは、感謝感激である。

あの時、日本が戦わなければ、今も、色付き人間は、植民地支配のまま。
この意味が分かるか。

キリスト教白人の支配の有様は、拷問である。
人間とは、思えないあり方。

もし、日本が立ち上がらなければ・・・
今も、植民地だった。

と、私は、何度も言う。

2024/02/25

倫理霊学から

あなたはこのニュースをご存知ですか?

『米国の感染症対策の司令塔である
CDC(米疾病対策センター)が2月5日に
東京に東アジア・太平洋地域事務所を開設』


(出典:KYODONEWS)

一見、なんてことないニュースだと、
多くの日本人が素通りするような内容です。


しかし、、、、、

実はこのニュース、
あなたも含めた全ての日本人にとって
一大事となるようなニュースだったのです。


このニュースがどれほど一大事かを知る前に、
「パンデミック条約」というものを知る必要があります。


パンデミック条約では、
「加盟国全体がWHOが打ち出した方針に従う」
と定められています。

この条約の恐ろしいところは、
WHOが各国の政府より力をもつことにあります。


これにより、もし次に
新型コロナウイルスのようなパンデミックが起こった時、

あなたはWHOの命令により、
ロックダウンやワクチン接種を
強制されてもおかしくないのです。


そんな国や個人に選択権がなくなる可能性を
持つ条約がパンデミック条約なのです。


では、冒頭で紹介したニュースについて
改めて考えてみてください...


CDCは新型コロナワクチンの接種を推進してきた
アメリカの機関です...

なぜ他国の機関がわざわざ日本に拠点を置くのでしょうか?


それは、
CDCがパンデミック条約を進めるために、
東京に日本専用の拠点を置いた。

と考えられるのではないでしょうか…


林千勝の『月刊インサイダーヒストリー』では、
前々から、CDCやこのパンデミック条約について
警鐘を鳴らしてきました。


あなたも、
『月刊インサイダーヒストリー』を購読すれば、

メディアが報じない日本に迫る危機や
ニュースの裏側について
深く知ることができるようになります。


今月号では、パンデミック条約も含めた
米大統領選挙についての解説もあります。


以下の目次でご確認ください。


Part1:DS(ディープステート)の定義とは?
権力者たちの正体(視聴者からのご質問)

・中国共産党とプーチンの知られざる関係性
〜習近平はBRICSを支配するのか?
・GHQが目をつけた仲小路彰
〜戦後日本で行われた焚書工作の実態
・ディープステートの定義
〜国際金融資本家?ネオコン?
多国籍グループ企業?多様化するDSの正体


Part2:世界的選挙イヤー!
2025年に向けた激動の23-24年と日本の未来

・トランプVSバイデン
〜大統領選挙と連動する日本2025年の危機
・パトリオットミサイル提供の三角構造
〜プーチンが岸田政権に激怒する理由とは?
・ロバート・F・ケネディJrの暴露
〜ウクライナ戦争の裏で儲ける軍事企業の野望
・日経新聞と日本研究所
〜大衆日本人を洗脳する工作機関の正体


Part3:米大統領選の最前線と
内戦危機を予言する映画の正体

・なぜバイデン派の支持が減っているのか?
〜黒人、アジア人から見たアメリカの危機
・不正投票を認めた選挙投票者たち
〜トランプに仕掛けられた不正工作の実態
・大統領選挙と有罪判決
〜保守系シンクタンク「ヘリテージ財団」
が暴いた不正投票の有罪判決
・知られざる'Project2025'
〜トランプ政権始動に備えられた4つの計画
・2024年4月公開「シビル・ウォー」
〜米国内戦映画が示唆する米国崩壊のシナリオ


Part4:恐るべきパンデミック条約と
アンソニー・ファウチの告白

・パンデミック条約と大統領選挙
〜ビル・ゲイツが発表した2024年の行く末
・'記憶にございません'
〜人類を裏切った男'ファウチ博士'のボロと100回の発言
・暴かれたワクチンビジネス
〜ファウチ博士のパンデミック計画と証拠メール
・新型コロナ'JN.1'
〜日本に上陸したワクチンが効かない変異型ウイルス
・mRNAワクチン接種禁止
〜2024年フロリダ州と医学教授の警告


Part5:ロバート・F・ケネディJrの戦いと
国家権力の闇を暴いた暴露本

・環境弁護士としてのロバート・F・ケネディJr
〜メディアが報じない米国の環境問題訴訟
・J・F・ケネディ暗殺事件の真相
〜ロバート・ケネディ司法長官の暴露とCIAの不審行動
・ロバート・F・ケネディJr暗殺未遂事件
〜命懸けの大統領選挙とFBIの不起訴
・プロ野球選手の不審者
〜Facebook内部情報で裏付けられたワクチン言論統制


Part6:ビル・ゲイツの後継者と
仕掛けられていたワンヘルス計画

・'The Big Catch-Up'
〜史上最大の小児予防接種プロジェクトの罠
・ワクチン接種が強制される日
〜人間だけではなく肉牛へもmRNAが注射される?
・ワンヘルスの定義
〜WHOが打ち出したディストピアへの布石とは?


などなど、、、
ディープな内容が目白押しです!


上記の書き込みから・・・

こうして、どんどんと、情報が公開される。
とても、良い事。
そして、それを知って、とぢうするか・・・

行動すること。
人に話すことも、行動。
どんどんと、事実を知らせること。

必ず、大衆、民衆が勝つ。

2024/02/24

倫理霊学から


<世界は食糧戦略を中心に動いている>
人類の歴史は「食糧」によって突き動かされてきました。

3000年以上前の古代から、現代に至るまで
時に食糧をめぐり、時に食糧を利用しながらこの有限の資源をめぐった戦争が絶えず起こり続けてきたのです。

そして、今まさに進行中のウクライナ戦争の裏側でも、ウクライナの大穀倉地帯を奪うための画策が渦巻いてます。

表向きは武器による戦争を繰り広げられていると信じ込まされていますが、実は私たちが知らない裏側では、「食糧」を利用したもっと大胆で狡猾な戦いが繰り広げられているのです。
別の例をご紹介すると...あの悪名高いビル・ゲイツが今、米国で最も広大な農地を保有しているのをご存知でしょうか。

ビル・ゲイツは2007年に種子の保全をすることを目的とし、ノルウェーのスピッツベルゲン島に建設された、「北極種子貯蔵庫」なるものに巨額の資金を投入したのですが、彼の目的とは一体何なのでしょうか?

これらは、「新たなる食糧戦争」のほんの一部ですが、このような食糧戦争の被害を最も受ける可能性があるのは、実は日本なのです。世界中がメディアや政治家に騙されやすい日本人の「食」を狙っているのです。

日本にはグローバル企業や国家の魔の手が迫っていますが、私たち日本国民のほとんどは危険な状況に追い込まれていることを知っているどころか、危機意識すら持っていません。

なぜ、このような状況になってしまったのか・・・?

それは、本当の意味で「日本のため」のことを報道するメディアがほぼ無いに等しいからです。

所詮、主要メディアは利益を得るため、視聴率をとることのできるようなネタに飛びつくことが当たり前になっています。このまま私たち日本国民が知らないままでは、「気づいた時には手遅れ」なんてことにもなりかねません。

上記の書き込みから・・・

戦争と平和も、食料も、何も可も知らない日本人。

飢餓が、どれほど、苦しいことかを知らない。
このまま、政治家に国を任せられない。

戦中時代の人たちが、言っていたことを、思い出す。
辛いことは、食べ物がないこと。

餌を食べている、若者たちは、分からないだろうが。

2024/02/22

倫理霊学から

健康の証

人には強い面もあれば、
弱い面もあります。

自分の力だけでなく、
何かに依存しながら
生きているのです。

では、皆さんはどんな助けを
借りて生きていますか。

今日の話題は煙草(たばこ)に
ついてです。

昔ほど吸っている人は
いなくなりましたが、

それでもたばこに
依存している方々は
大勢いらっしゃいます。

日本にたばこが伝わったのは、
戦国時代末期の南蛮貿易からです。

もともとはコロンブスが
南アメリカの原住民たちが
吸っているのを見て、

ヨーロッパへと持ち帰ったことが
始まりでした。

それがヨーロッパで広まり、
南蛮貿易によって
日本へと入ってきたのです。

それ以降、
日本でも徐々に広まっていき、
やがては国の管理のもとで販売され、
「たばこ税」も導入されました。




今の若い人は知らないでしょうが、
私ぐらいの年代になると

「今日も元気だ。たばこがうまい」
と書かれたポスターを
覚えております。

すなわち、
昔は国を挙げて
「たばこを吸いなさい」
と言っていたのです。

「たばこがおいしい」というのは
「健康の証」でした。

皆さん、
そんな時代があったのですよ。

今のイメージとは
全く異なっているでしょう。


男の勲章

私の兄が13〜14歳の旧制中学校の時、
たばこをどかどか
吸っておりました。

私は7歳ぐらいでしたから
いつも不思議で、

「お兄ちゃん、たばこはおいしいの?」
と聞いたら

「別においしくはないけど、
吸わなきゃいけないんだ」
と言っておりました。

当時、日本は戦争に敗け、
どんどんと貧しくなっておりました。

そんな中でたばこは貴重品でした。

それで兄は「おい、鋭夫、
おまえちょっと外に出て行って、
たばこの吸い殻を探してこい」
といって、

私に吸い殻集めをさせました。

集まってきた吸い殻から
たばこの葉っぱを取り出し、
それをまた自分で巻いて
吸っておりました。

吸っているとき、
兄の手が震えていたことを
覚えています。

まだ13〜14歳ですよ。

「お兄ちゃん、
何で手が震えるの?」と聞くと
「ニコチンが切れているんだよ、
このバカ」と言われました。

もちろん私も1回吸わされました。

そうすると胸が焼けるように
ジリジリとして、

長い間、
咳が止まりませんでしたので、
「ああ、これは体に悪いんだな」
と思いました。

それ以来、
私は吸っていません。

しかし日本社会はその後、
大きく変わっていきました。

私が行った男子校では
半分ぐらいが吸い、
大学では男はほぼ全員が
吸っておりました。

当時、お酒とたばこは
男が男であるための儀式のように
思われておりました。


中毒性

さて、たばこの煙には、
ニコチンをはじめ
タールから生じる「ベンゾ」、

さらには「ホルムアルデヒド」
などの発がん性物質が
含まれております。

しかし、一度ハマった人は
吸うことを止めることができません。

たばこには大麻や覚醒剤よりも
強力な依存性があるのです。

昔、友達に
「たばこを一番美味しく感じるのは
いつですか」と聞いたら、

「朝起きて最初に吸うたばこだ」
と答えていました。

それで、ニコチンが体に入ると
どんな気持ちになるのか
と聞いたら、

「フッとなる。
頭がフッと軽くなって
いい気持ちになる」
と言っていました。

皆さん、「フッとなる」
というのはニコチンが
血管を収縮させるからです。

血が脳に行かないので
フッとなるのです。

血管の収縮というのは
体にとって一大事です。

これが長い間続くと、
毛細血管がボロボロになります。

血流が悪くなると、
肌の色も変わりますし、
男性では特に生殖器にも
影響を与えます。

上記の書き込みから・・・

タバコは、体に悪い。
しかし、税金になるという、ジレンマ。
未だに、タバコを販売している。

私も、喫煙者である。
だから・・・どうした・・・という気持ちがある。
絶対に、タバコ販売は、無くならない。

販売を無くせば、また、別に増税である。
禁煙家の中には、何倍にもタバコを高くせよという人がいる。
いい気なものだ。

タバコ以外の、健康を害するものを、見よ。
世の中に、溢れている。

2024/02/21

倫理霊学から

知られざる北朝鮮の選挙事情
ぶっちゃけ、今年は世界的な「選挙の年」です。60を超える国々で大統領選挙や議会選挙が予定されています。

最も直近となる2月14日に行われたインドネシアの大統領選挙では、プラボウォ国防相がウィドド大統領の後継者として当選を果たしました。現在72歳ですが、3度目の挑戦で投票総数の6割近くを押さえる圧倒的な強みを発揮。

スハルト独裁政権の軍幹部として活躍し、人権侵害の疑惑が付きまとっていましたが、選挙集会でダンスを披露すると思えば、可愛らしいイメージキャラクターを活用するなど、親しみやすさを演出した選挙戦が功を奏したようです。

一方、「選挙などあるの?」と、疑いの目で見られているのが独裁体制を維持している北朝鮮に他なりません。しかし、おっとどっこい、最高人民会議の議員選挙が5年ごとに行われているのです。現在の議員の任期は3月10日に終わります。

そのため、3月11日には総選挙が予定されていました。というのも、新たな最高人民会議は3月22日に召集されることになっているからです。

ところが、2月も後半に入ったにもかかわらず、選挙の告知も候補者リストの公開もありません。何やらきな臭いにおいが漂っているのが、昨今の北朝鮮と言えそうです。

そういえば、金正恩総書記はこのところ韓国を「最大の敵国」と名指しし、「南北統一に向けての話し合い」を一方的に破棄。首都ピョンヤンに聳えていた「統一記念碑」も爆破する有様でした。

実は、北朝鮮の憲法にはこれまで平和的な交渉を経て、南北の統一を実現する旨が明記されていました。しかし、金正恩氏の鶴の一声で、そうした融和的な政策は破棄されてしまったのです。

去る1月の最高人民会議での演説において、金正恩氏は「もし韓国が0.001ミリでもわが方の領土、領空、領海に入った場合には、宣戦布告と見なす。核兵器の使用を含め、韓国をせん滅する」と宣言しました。

これまでにない強硬な姿勢に世界は驚かされています。一体なぜ、そこまで韓国を敵視するのでしょうか?どうやら金正恩氏は日常生活が一向に改善しないため国民の間で金王朝への不満と不信が渦巻いていることへの危機感を強めているとしか思えません。

ミサイル発射実験には熱心ですが、食料、医薬品、電力の不足に加え、公務員の給料の遅配も深刻化し、脱北者や事故の件数も急増しています。これでは選挙どころではなく、非常事態と称して、国民の関心を外に向けるしかありません。

ぶっちゃけ、「窮鼠猫を噛む」ではありませんが、韓国への侵攻が懸念されるばかりです。


上記の書き込みから・・・

朝鮮人は、昔から、このようである。
何も、変わっていない。

同朋を裏切るのは、朝飯前。
朝鮮戦争が、再開する。
ただ、それだけ。

すると、日本の在日政治家たちは、どうするのか・・・
突然、とんでもない行動をする。
それで、誰が在日か、分かる。

在日特権は、その戦争が、続いているという前提にある。
呆れるほど、愚劣な朝鮮人である。


2024/02/20

管理用
ifノート 1.02